よくある質問と答え りんごハウス 住宅型有料老人ホーム

りんごハウス 住宅型有料老人ホーム
  • テキストサイズ「小」
  • テキストサイズ「中・標準」
  • テキストサイズ「大」

サイト内新着情報

サイト内新着情報
ホームページ更新情報一覧へ
りんごハウス よくある質問と答え
りんごハウスへの質問事項

Q01. 介護度はどれくらいまで受けられるの?

Q02. 入居後、寝たきり・ストマ・になっても終身入居できますか。

Q03. 要支援・要介護認定を受けていますが居宅介護サービスはどのように受けることができますか。

Q04. 医療の確保はどうなっていますか。

Q05. 住宅部分の管理はどのようになっていますか。介護管理サービスとはどのようなサービスですか。

Q06. 食事の提供はありますか。料金はいくらですか。

Q07. 入浴はどのようになりますか。

Q08. トイレ介助などはどうなりますか。

Q09. 賃料・共益費など月額でいくらかかりますか。

Q10. サポートサービス(介護保険外サービス)はどのようなサービスがありますか。
また、利用料はいくらですか。

Q11. 契約期間内でも退去できますか。

Q12. 認知症の状態はどれくらいまで?

Q13. 介護が必要になった場合、介護保険の居宅介護サービスを使えますか。

Q14. 薬の預かり、服薬確認はしてもらえますか。

Q15. 生活保護でも入居できますか。

Q16. 夜間の見守りや介助はどのようになっていますか。

Q17. ペットは飼うことができますか。

Q18. 夫婦で入居することはできますか。

Q19. 他の施設などの入居待ちでの短期入居は可能ですか。

Q20. 年金生活者は?

Q21. インシュリン注射をしている人は?

Q22. バルーンカテーテルや自己導尿をしている人は?

Q23. ストマ(人工肛門)のあるかたは?

Q24. 通院対応については?

りんごハウスからのご回答

Q01. 介護度はどれくらいまで受けられるの?

A01. 要支援から要介護5まで受けられます。介護度が重くて寝たきりでも併設の訪問介護やデイサービス、訪問医療を受けながら生活していただけます。

Q02. 入居後、寝たきり・ストマ・になっても終身入居できますか。

A02. 居宅介護支援事業所、医療機関、居宅介護事業者等との連携により終身入居できます。しかし、胃ろうや食道ろう、経管栄養の状態になりますと法律の制約により難しくなります。ご家族の協力や医療機関等調整が必要になりますので状況によりご相談させて頂きます。

Q03. 要支援・要介護認定を受けていますが居宅介護サービスはどのように受けることができますか。

A03. 訪問介護サービスが併設されております。その他の居宅介護サービスは、担当のケアマネージャー様と相談の上、外部のサービス業者をご紹介させて頂きます。

Q04. 医療の確保はどうなっていますか。

A04. 家庭としての訪問診療・訪問歯科がご利用できます。主治医が既においでで通院を必要とする場合は、訪問介護の中の通院同行介助が可能です。
急変時などがあった場合、職員が駆け付け状況判断のうえ主治医に連絡もしくは救急搬送を致します。また、当社の関係協力医療機関をご紹介する事もできますのでご相談ください。

Q05. 住宅部分の管理はどのようになっていますか。介護管理サービスとはどのようなサービスですか。

A05. 当社介護管理により24時間対応させて頂いております。
詳しくは「介護管理費一覧表」ページをご覧ください。

Q06. 食事の提供はありますか。料金はいくらですか。

A06. 食堂をご利用いただき、当社が作った暖かいご飯を3食提供させて頂きます。体調がすぐれない時には、お食事を居室にお届けします。 糖尿病食・腎臓病食など家庭料理で調整できる範囲になりますが、提供させて頂きます。

Q07. 入浴はどのようになりますか。

A07. 共用浴室をご使用ください。事前お申込が必要です。介護が必要な場合は、担当ケアマネジャーの立てる訪問介護サービスのプランで、ヘルパーが付き添い共同浴室をご利用いただいきます。1回ごとに水道・ガス・清掃代金として525円をお支払い頂きます。

Q08. トイレ介助などはどうなりますか。

A08. 職員が対応いたしますので気軽にお声掛けください。

Q09. 賃料・共益費など月額でいくらかかりますか。

A09. お部屋のタイプにより金額が違いますので「賃料表」をご覧ください。

Q10. サポートサービス(介護保険外サービス)はどのようなサービスがありますか。
また、利用料はいくらですか。

A10. 別紙「自費料金表」をご覧ください。

Q11. 契約期間内でも退去できますか。

A11. 契約期間ないでも30日前に解約の申し入れを行うことにより退去できます。

Q12. 認知症の状態はどれくらいまで?

A12. 声掛けや誘導など集団生活にある程度なじめる方になります。徘徊につきましては、お持ち頂く緊急コールシステムのGPS機能の活用や、介護保険制度などによる徘徊センサーマットレンタルなどで対応できます。

Q13. 介護が必要になった場合、介護保険の居宅介護サービスを使えますか。

A13. ケアプランに沿って必要な居宅介護サービスが使えます。また、当社直営の訪問介護事業所があります。その他の居宅介護サービスに付きましては担当のケアマネジャーにご相談いただくか、当社職員にご相談ください。

Q14. 薬の預かり、服薬確認はしてもらえますか。

A14. 基本的にはお薬のお預かりは致しておりませんが、見守りと服薬の確認はさせて頂いております。

Q15. 生活保護でも入居できますか。

A15. ご相談ください。

Q16. 夜間の見守りや介助はどのようになっていますか。

A16. 当社職員が宿直しておりますので定期的に巡回致します。また、緊急時は緊急コールシステムをご使用ください。

Q17. ペットは飼うことができますか。

A17. 観賞用の小鳥、魚等であって明らかに近隣に迷惑をかけるおそれのない動物以外の犬、猫等の動物を飼うことはできません。(アレルギー体質の方が近くのお部屋の場合お断りいただくこともございます)

Q18. 夫婦で入居することはできますか。

A18. 夫婦やご家族での入居もできます。

Q19. 他の施設などの入居待ちでの短期入居は可能ですか。

A19. 可能です。ベット付きのお部屋をご用意しております。

Q20. 年金生活者は?

A20. 年金の種類や支給額を確認させていただいて総額が生活費を上回っていれば、受け入れ出来ます。ただし、具体的な相談になった場合はしっかりと生活費をシュミレーションします。生活費を補助してくれる人が居るのであれば、保証人や身元引受人の確認と責任の所在をはっきりとさせて頂き、ご入居して頂けます。

Q21. インシュリン注射をしている人は?

A21. 血糖測定やインシュリンを自己注射可能であれば受け入れ出来ます。
*介護員がインシュリン注射のセットを手伝うことができません。できるのは見守りまでです。

Q22. バルーンカテーテルや自己導尿をしている人は?

A22. 受け入れることが可能です。バルーンについては、バルーン内の尿廃棄ができます。抜けたり違和感を訴えられたら医療機関へ相談します。自己導尿につきましては、カテーテルの洗浄は介護員も出来ますが導尿は出来ません。

Q23. ストマ(人工肛門)のあるかたは?

A23. 受け入れ可能です。但し、バックの便処理はできますが、パッチ交換等、介護員は出来ませんので、自己管理か訪問看護、診療での対応が必要になります。

Q24. 通院対応については?

A24. 訪問介護サービスや自費サービスの同行介助などで対応できます。その他緊急時は、救急車対応致しますが、病院での対応などは、ご家族にお願い致します。救急車同乗などは自己負担がかかります。

前ページへ戻る ページの先頭に戻る